lunatic(mp3)
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


lunatic

作詞/作曲 荒田裕章 編曲 Quartz

月の光が刺すほど 瞳孔の奥に染みてく
街灯もない裏路地 君の横顔見てた

絡まった吐息くらいにいつもそばにいられたら
君の意識はすぐに光速を超えるから

権力ちからも記憶もいらない
君だけが欲しかったのに
あれから僕はきっと狂い始めた

君が人目を気にするなら月の裏で会おう
情熱と汗を交わしながら背徳を重ねよう
過去と未来を失くしたなら現在いまを確かめたい
月の光に冷やされても温もりは残るはず

二人の指につながる この見えない紅い糸で君の首を絞めたら 僕だけのものになるの?

この世が滅びてもいいから
その時君のそばにいたい
運命なんて僕は信じちゃいない

時が二人を隠せるなら流れに身をまかせ
人類が行けない惑星ところへと君を連れ去りたい
使う言葉がもどかしくて瞳覗き込めば
君の恐れも好奇心も僕にはわかるから

あぁ 堕ちてゆく 崩れてゆく理性
今 君だけがいればいい
もう 戻れない 引き返せないのに
背徳重ねる lunatic lovers


月が二人を見ている −−−


トップページ >  展示室 >  lunatic(mp3)